ネットワークビジネス 詐欺

ネットワークビジネスの「悪い評判」に打ち勝ち、安定した組織を構築するコツ。

ネットワークビジネスというと、「詐欺」「ネズミ講」「騙される」「友達を失う」「買い込み」など、悪い評判が出回っています。

でも、ネットワークビジネスの全体像を知ると、「商品を愛用する自然な流通が出来上がると、誰もが豊かになれる理想的なビジネスモデル」と気付きます。

なぜ、悪い評判が出回るのか、どうやったらその悪い評判に打ち勝って、安定した組織展開が出来るのか成功者の成功するコツを調査してみました。

これからネットワークビジネスに参加しようかと迷っている人、途中でネットワークビジネスの可能性に疑問を持ってしまった方、参加の判断基準になるはずです。

 

【改めて】ネットワークビジネスの仕組み 3分で解説

ネットワークビジネスの仕組みとは

改めてネットワークビジネスの仕組みを見てみましょう。ネットワークビジネスの仕組みは、簡単に言えば、広告費、店舗費用などを一切かけない代わりに、紹介者に対して報酬が支払われるという仕組みです。

商品の自然な流通が口コミ勧誘などで広まることで、企業も収益が上がる。コレを紹介者に分配していくわけです。商品自体も、日々消費するモノが多く、そして利用者にとってメリットがある商材が多いのも特徴的ですね。安く良質なモノ、サービスが利用でき、紹介すると報酬として権利収入が得られるという仕組みです。

よく、ネットワークビジネスが「詐欺」「違法」だと言われてしまう理由として、よく勘違いされるのが「ネズミ講」ですよね。

ネズミ講とネットワークビジネスの違いを簡単にまとめてみました。

ネズミ講とネットワークビジネスの違いについて

ネズミ講とネットワークビジネスの違いを簡単に表現するとしたら、

ネズミ講は「上の階層の人が儲かる仕組みで、商品の販売が目的ではなく金品の受け渡しが目的」

ネズミ講は上の階層にいればいるほどお金が入る仕組みで、商品は全く重視されず、商品がない、もしあったとしても価値に匹敵しないような粗悪なものが高額で取引される場合です。

ネットワークビジネスでは、ダウンさんが自分より成功し報酬を沢山もらう可能性も十分にあります。何より質の高い商品ありきの仕組みである事がネズミ講と異なっているところですね。

ネズミ講は違法です。ネットワークビジネスは企業が選ぶ販売方法の一つとして認められたものです。

ネットワークビジネスの被害の噂と実情

ネズミ講とネットワークビジネスは全く異なるものですが、「ネットワークビジネスの被害」についての話もよく耳にしますよね。果たして、噂は本当か、実際はどういった被害があるのか調査しました。

 

よく耳にするネットワークビジネスの被害の噂というと、

①知らされずに誘われた先がネットワークビジネスのセミナーで騙された。

②強引な勧誘で、契約するまで解放してくれず困った。

③商品を買い込みして在庫の山となった。

④タイトル維持のため借金を負わされた。

⑤セミナーに忙しく、家族が崩壊した。

⑥友達を失い、家族から見放された。

ネットワークビジネスの被害の噂を見てみると、明らかに違法なことと、失敗してしまった結果、被害者意識を感じてしまうケースもあるようです。

①の、内容を知らせることなく、セミナーに勧誘したり、イベントに連れていったり、アップに会わせたり。これは明らかに違法であり被害と言えます。②の契約を迫るのも違法です。活動する人のモラルが無かったがための起こってしまった被害ですね。

 

タイトル維持のための借金や、商品の買い込み自体は、自分で避けようと思えば避けらますし、自分で選んでいる可能性も高く、うまく行かなかったからこそ「被害」だといってしまっている可能性が大きいですね。

必要な分を買う、必要な人に広めるからこそ、無理なく続けられるのがネットワークビジネスの正しい姿です。

友達や家族を失ってしまうという被害については、家族の理解を得るという壁を乗り越えるほどの情熱があれば、家族は徐々に理解してくれるはずです。過剰な商品の買い込みなど、無理が生じた時に家族は不安を感じてしまう事も多いようです。家族との関わりや友達との関わりも考えたうえで活動することも大切ですよね。

被害として噂になっていることの中には、成功できず失敗してしまった人が被害者意識をもってネットなどに書き込んでいる可能性もありそうですね。

ネットワークビジネス「悪い評判」でも組織を安定構築するには

ネットワークビジネスで悪い評判がある中でも、組織を安定して展開している人達がいますよね。どういった方法で成功しているのか、トップディストリビューターだけでなく、身近なリーダー達の体験談などをまとめました。

安定した組織を構築するための5つのコツ

安定した組織を構築しているリーダー達にも、下積み時代があり、多くの友達からの批判や、家族の反対、悪い評判により活動が上手くいかない時期もあったはずです。

どうやって乗り越えたのか。調べてみました。

①粘り強く、辞めることなく続ける。

②目標を設定し、計画的に行動する。

③潜在意識を活用し、理想の人生を実現させる。

④自分のレベルを上げるため成功者と交わる。

⑤成功者の言うことを真剣に受け止め実行する。

①粘り強く、辞めることなく続ける。

成功できない人の多くが、途中で上手くいかないと諦めてビジネス自体を辞めてしまいます。あと、1ヶ月続けていれば、あと半年続けていれば、素晴らしいビジネスパートナーと出会い、人生が変わっていたかもしれない。

ネットワークビジネスは即大金が手に入るビジネスではなく、じっくりと長期的に収入が増えていくビジネスで、どのタイミングでその波がくるのかを先に知ることはできません。じっくりと取り組む人が最後は権利収入を手堅く手にされているんですね。

②目標を設定し、計画的に行動する。

成功者の多くは、●年には月収××万円。●年後には××が実現している。将来を決め、今やるべきことを逆算し計画的に目標を設定し行動している人が多いようです。明確な期日と具体的な数字があってこそ、意欲的に活動に励めるようですね。

 

「なんとなく、月収100万円が欲しい」「なんとなく、仕事を辞めたい」

こういったぼんやりとした希望をもって、なんとなく勧誘活動をしても、途中経過でどの程度達成しているのかもわからない状況に陥ってしまいます。先が見えずに不安を感じたり、何をやってもうまく行かない気がしてしまい、ビジネスの先行きに不安を感じ途中でやめてしまう人も多いようです。

目標設定、計画、まさにPDCAをしながらネットワークビジネスに取り組む人が成功しやすいようですね。

③潜在意識を活用し、理想の人生を実現させる。

意外なことにも、潜在意識を活用している成功者が多いようです。

潜在意識とは何かというと。

自覚されることなく,行動や考え方に影響を与える意識。心の奥深い層にひそんだ意識。

 

顕在意識で「自分は成功する!」と思っていても、多くの人は、今までの生い立ち、過去の経験や教育で固定観念が染みついてしまい、成功しにく体質になっているといわれています。「自分には無理だ」「どうせ自分なんて」こういったマイナスな考え方が少しでもあると、成功しにくいと言われています。

こういったマイナス思考をプラスに変えていくことから成功者は始めているようです。「自分がこうなりたいと描くイメージを潜在意識に定着させると、それが現実になる」この訓練をして、トップディストリビューターになっているリーダーも多いようです。

④自分のレベルを上げるため成功者と交わる。友達のレベルをあげる。

ネットワークビジネスを始め、安定した権利収入を得るということ。それは今までの自分よりレベルアップした自分になる必要があるということ。

その為に成功者としての考え方、価値観などを身に付ける方が成功するスピードが上がると、多くの成功者は話しています。

今までの交友関係とは違った、成功している人達と関わる機会を増やすと良いようです。

 

⑤成功者の言うことを真剣に受け止め実行する。

ネットワークビジネスは模倣ビジネスといわれているように、成功者のマネをすることが一番結果が出やすいと昔から言われています。経験則から言われていることであり、実際多くの成功者たちは、先人のトップリーダーからやり方を学び、実践することで結果が出ている人が多いようですね。

我流ではなく、まずは成功者から学ぶことに集中する。諦めずに続けるということも、しかりですね。

 

まとめ

ネットワークビジネスで成功する人達は、世の中の評判に左右される事無く、ビジネスの可能性と自分を信じて粘り強くビジネス活動をしている人が多い事が分かりました。

まだまだネットワークビジネスへの偏見や悪い評判はありますが、ネットワークビジネスの良さに気付いている人も大多数いることも事実です。

いかにビジネスに興味がある人と出会うのか、最高のビジネスパートナーと出会うのかが、成功のキーポイントになりそうですね。

安定したネットワークビジネスの組織を展開するには、成功のコツを真似していく事が一番の成功の近道ですね。

もう友達は誘いたくない!オンライン集客でその悩み解決しましょう!

ネットワークビジネスというとお友達や家族を誘うビジネス・・というイメージ。詐欺だ、お金のために友達を誘うの?!といわれるのが怖い・・そんな思いで一歩が踏み出せない、と私も長年悩んでいました。オンラインで展開するにもコツがあります。

オンラインで「ビジネスに興味がある人脈」無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

確実に買うだけで権利収入につながる、

興味がある人だけを惹きよせる代理店ビジネスとは?