アリックス

アリックスジャパン退会しようとした友達の体験談にビビった件。

アリックスジャパンって結構有名なネットワークビジネスですよね。若い人が多くってめっちゃ勢いがある会社だと思います。私も結構オンラインで勧誘される会社で、友人が1年やって退会することに。理由は色々あるようですが、退会の仕方、退会した後の話が聞けたのでまとめました。

アリックスジャパンの退会って意外と●●

アリックスだけでなく、ネットワークビジネスはちゃんと正しい手順を踏めば退会はできます。よく、「辞めさせてもらえないんじゃないの?」と聞かれることもありますが、ネットワークビジネスって対会社と自分の契約なんですよね。規約通りに手順を踏めば解約もすんなり!

ここで、アップやメンバー、仲間などに相談しちゃうと、辞めないで!と引き留められることが多いみたいですね。

友人が退会したやり方が、かなり簡単だったのでまとめました。

友達がやったアリックス退会の方法をまとめた

友人がやった退会の方法はずばり「電話」電話で退会が出来るようですね。しかもちゃんとクーリングオフで90%返金されたそうです。

電話って結構アナログなやり方ですが、ちゃんとスタッフが対応してくれるので、確実に退会出来た!とその場でわかるのも安心できますよね。

 

ただ、電話はとっても混み合っていたようで、根気強くコールし続けてやっと退会だったんだとか。これは退会する人結構多いの?!なんて思ったところでした・・・

 

因みに、退会の時、クーリングオフの時にかける電話番号はこちら↓↓

クーリングオフ問合せ先:03-5545-8182

アリックスジャパン クーリングオフの落とし穴!

 

ビジネス会員ならば、半年間は90%以上の返金は可能です。

あなたが優良顧客であれば30日以内は全額返金が可能です。

ということで、なんと、ビジネス会員は6カ月もクーリングオフの期間があるんですって。かなり良心的だなと思いました。

 

「ビジネス会員の方は製品受領日より180日以内のもので未使用・未開封・再販可能な製品に限り、ご購入いただいた製品代金90%返金ご了承のもとご返品を承ります。」

 

ということでした。当然ですが、「未使用未開封、再販可能な製品」ですね。でも90%も戻ってくるなら、クーリングオフの制度は退会する方にしたらありがたいですよね。

 

アリックスジャパン 問い合わせ先をマトメた。

アリックスジャパンだけに限らず、退会やクーリングオフの問合せ先って、いざ探そうとすると公式サイトでもわかりにくいところに載せてあったりしますよね。

先に問い合わせ先をマトメて見ました。問い合わせ先さえわかってると結構心強いですよね。

【アリックスジャパン問い合わせ先一覧】

①カスタマーサービス

ARIIX Japan Ltd, アリックス・ジャパン株式会社
〒106-0041東京都港区麻布台3-5-7 麻布アメリックスビル8F
電話:03-4579-5990 FAX:03-6736-0626
Eメール:japan.support@ariix.com
営業日時:月曜日~金曜日(祝日および会社指定の夏期・冬期休業日を除く)10時~17時

 

②クーリングオフ

03-5545-8182

ひとまず何か迷ったり悩んだりしたら、カスタマーサービスに電話したらOKですね。問い合わせ先は控えておくと安心かもしれません。

退会した友人によると、かなり電話対応もよく、クーリンクオフの注意点や、やり方も詳しく教えてくれたようです。辞める人に対しても対応良いのは、いい会社だなと思います。

 

まとめ

何より一番驚いたのは、あっさり退会出来たということ。後はメールでの退会はNGで必ず電話でないと受けてくれないという所でした。

あっさり辞めれた友人も拍子抜けしてましたね。ただ、退会した後、アップや仲間に報告したら「何で辞めたのーーー!」と相当言われたようです。

とはいえ、契約ってところがしっかりしているアリックスジャパン。巷の噂では、ネットワークビジネスってねずみ講?だなんていわれたりしているので、その分、退会がしっかりしていると驚くし、偏見って怖いなと思うところでした。

 

もう友達は誘いたくない!オンライン集客でその悩み解決しましょう!

ネットワークビジネスというとお友達や家族を誘うビジネス・・というイメージ。詐欺だ、お金のために友達を誘うの?!といわれるのが怖い・・そんな思いで一歩が踏み出せない、と私も長年悩んでいました。オンラインで展開するにもコツがあります。

オンラインで「ビジネスに興味がある人脈」無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

確実に買うだけで権利収入につながる、

興味がある人だけを惹きよせる代理店ビジネスとは?