G・PLANT

【至急】G・PLANTを親が反対する理由と対処法(体験談まとめ)

権利収入って魅力的!このまま会社勤めを続けていても将来は暗い・・そう思う20代がとても多いですよね。友人も20代でフットサルに行った際、隣のロッカーを使っていた人に声をかけられネットワークビジネスセミナーに参加。その魅力を感じやる気になったようです。

ただ、頭を悩ませているのが親の存在。親世代がG・PLANTなどのネットワークビジネスを反対すると大変です。身内からの反対は辛いで、だからと言って一人暮らしだといいの?

親が反対する理由と対処法をまとめました。

 

G・PLANT親が反対する理由を40代女性に聞いてみた

 

G・PLANTなどのネットワークビジネスというと、40代、50代の主婦層が多いイメージですよね。

でも、最近の若い20代にとって、G・PLANTなどの「ネットワークビジネス=ねずみ講」だなんていうイメージも薄れているみたいで、勧誘されやすいようですね。若い人が有名なA社やN社などのサロンやセミナー会場でよく見かけるのも納得です。

ただ、親に反対されている20代の人達もかなり多いとよく聞きます。20代の親世代は、40代、50代がほとんどです。ナゼこの世代がG・PLANTなどのネットワークビジネスを反対するのか、直接ネットワークビジネスを経験した40代女性に聞いてみました。

 

20代の親世代にとって

ネットワークビジネスのイメージは

悪徳、詐欺、宗教!

 

「G・PLANT?!なに、ネットワークビジネス」と聞くだけで

「辞めておきなさい!!」と

言われる確立が高いんですよね。

 

20代の親世代と言えば、今40代から50代が多いのですが、この世代の若かりし頃、G・PLANTなどのネットワークビジネスの勧誘は行き過ぎってくらい実際酷い所も多かったようです。

 

先日あった40代の女性の話では・・・

 

友達にさそわれてお茶しに喫茶店へ。

知らない人と合されて、

密室へ・・・

 

ビジネスの話が出てきて、

絶対イイから!

 

何で参加できないの??

 

ココにサインしてハンコ押すだけだから~

絶対稼げるんだから~

 

 

と、中々帰してもらえず。

かたくなに拒否し、根気で逃げ切った!!

 

なんてエピソードがあったそうです。20年前のG・PLANTのようなネットワークビジネスの勧誘は結構激しかったようです。そのイメージを持っている親世代にとって、大事な息子、娘がネットワークビジネスの世界にハマったら大変!友人知人を勧誘し、人間関係が崩れたり、ローンを組んでしまわないか・・と心配になるようです。

 

 

20代の親世代は、

「あの、悪徳なマルチ商法だわ・・・」

 

と思う可能性大。

 

でも、時代は変わり、

ネットワークビジネス=G・PLANT=正当なビジネスモデル

 

として、今機能している企業が多いのも事実。

時折、過剰な勧誘や、ブラインド勧誘といってネットワークビジネスを隠して誘い込んだ!なんてニュースになりますが、一部の人だけみたいですね。

 

ネットワークビジネス=ねずみ講、詐欺

G・PLANT→ねずみ講、詐欺

 

この考えは今やもう成立しない時代に変わってきています。

 

G・PLANT 身内と円満に活動を続ける方法

いくら親や身内が反対しているからといって、自分の将来死ぬ日まで親や身内は自分の面倒は見てくれません。結局は自立し、自分の力で生きていく必要があるわけです。特に身内の存在を悩むのは、実家暮らしの20代の人がほとんど。一緒に生活しているわけなので、G・PLANTなどのビジネスを行うことで家庭内がギクシャクするのはストレスですよね。

 

 

ネットワークビジネス=連鎖販売取引

正式なビジネスモデルとして認められているんです。

勿論企業選びは大切ですが、ビジネスモデル自体はOKなんですね。

 

なので、最初から親が反対しているからといって、諦める必要はありません。

 

円満にG・PLANTの活動を行う方法

1、説得する

2、まずは軌道に乗るまでは親、身内には内緒で行う

3、一人暮らしを始める

 

この3つが大きな選択肢ですよね。

 

【1、説得する】

円満に行うには「説得し協力を得る」事が一番楽です。親や身内が商品がスゴイ!と思ってもらえると意外とスムーズに事が運ぶ場合もあるようで、商品が気に入れば愛用者として応援してくれる場合も多いみたいです。

G・PLANTを活発に活動をすると、セミナーに参加したり、アポ取ったり、ミーティングがあったり・・出毎が多くなるので、変に怪しまれますし、商品が届くと、「何コレ?」と言及されます。

G・PLANTなどのネットワークビジネスの会社が有名なほど、配送されてくる箱で気付かれるので大手でやるなら、隠し通すのは結構大変そうです。

 

【2、まずは軌道に乗るまでは親、身内には内緒で行う】

ただ、親の反対度合いが激しい場合。断固アンチネットワークビジネス!という親や身内の場合は、頭から認めず「親子の縁を切る!」と言われてしまった、と知り合いは話していました。

G・PLANTなどのビジネス商材が自宅に届かないように、友達の家を配送先にしたり、郵便局の局留めにしたり、「受け取り」自体も工夫が必要です。

そして、何かフットサルやランニング、朝活のサークルなどに参加しているという話を親にもしておきます。セミナーやミーティングへの参加が頻繁になると、やはり親は怪しいと感じるので、身内にバレないように、あらかじめ社交的になっているように日々の会話でもサークル活動などをアピールしておくと良いようです。

実際、ダウン組織が出来、収入が入りはじめたら、身内にカミングアウトしていきましょう。大事な息子、娘が頑張って組織を築き、収入を得ている状態を見ると、親もネットワークビジネス自体を受け入れやすかった、と経験者たちは話ていました。

 

【3、一人暮らしを始める】

もう、親の監視のもとやりたいG・PLANTなどのビジネスを我慢するなんて!と思い切って一人暮らしを始めた人もいました。もちろん自立して生活できるとなると、自由度も広がりますし、自立心も芽生え、よりネットワークビジネスも意欲的に活動できたようです。

自分一人での収入がある程度あり、自立して生活できる状態ならば、思い切って実家を出て、一人暮らしをスタートさせるのもいい選択の様ですね。

 

ただ、アルバイトなど収入が不安定、給料が低い場合は、G・PLANTなどのネットワークビジネスも商品の購入、セミナー代、交通費、お茶代など費用が掛かります。

自分の生活が立ち行かなくなるようであれば、実家で親を説得するか、結果が出るまで隠しとおすかして、一人暮らしが出来るくらいまで収入が得られるまでは頑張るのが得策の様ですね。

 

 

まとめ

40代50代の親世代は、根強いアンチネットワークビジネスの考えを持っている人が多いのも経験した時代のせい。今は健全にネットワークビジネスをやっている企業が多いので、今と昔は違うということを上手く説明できるかどうか。さらには親のアンチ度合によっては、結果が出てからカミングアウトがよさそうですね。

一人暮らしも経済的な自分の状況を把握してスタートさせると失敗が少ないようです。

お金的にも、人間関係的にもベストな状況を生み出せるように活動したいものですね。

もう友達は誘いたくない!オンライン集客でその悩み解決しましょう!

ネットワークビジネスというとお友達や家族を誘うビジネス・・というイメージ。詐欺だ、お金のために友達を誘うの?!といわれるのが怖い・・そんな思いで一歩が踏み出せない、と私も長年悩んでいました。オンラインで展開するにもコツがあります。

オンラインで「ビジネスに興味がある人脈」無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

確実にネットで集客する方法を大公開!

【友達を口コミ勧誘が苦手なあなたへ】ネットで興味がある人だけを惹きよせる方法とは?