ジャパンライフ

ジャパンライフの活動が会社にバレるとどうなるの?対策をまとめた

ジャパンライフなどのネットワークビジネスに誘われた、さて参加しようか?でも会社にばれるとどうなるんだ?まさかクビなの?!

そんな不安を感じ、ビジネススタートに踏み込めない方も多いのでは?一番気になるのが、ばれるとクビになるのか?ばれるのを防ぐ方法は一体どうなのか?

ジャパンライフなどのネットワークビジネスをやっているメンバーさん達に実態と解決策を聞き、まとめました!

ジャパンライフなどのネットワークビジネスの活動が会社にばれると、本当にクビになるのでしょうか?
実際会社にばれて大変だったという友人の話をまとめました。
介護施設勤務の佐々木さん、市役所勤務の山田さん両者に話を聞いてみました。
【介護職の現場での勧誘】
介護系のお仕事をしている人にとって、夜勤が肉体労働、とても将来続けられる仕事じゃない!と悩んでいる人が職場に沢山いました。
口コミだから言いやすい、職場の同僚を勧誘していた佐々木さん。
とても口コミが上手だったので、同僚の人もなんとなく将来不安もあり、ドンドンセミナーなどに参加して登録していきました。
介護施設内でも大掛かりに口コミ勧誘をやりすぎて、職場にそのことがばれる事に。
勧誘されて嫌だと感じた人が、上司に報告したことが要因でばれてしまったそう。クビになりそうになりかけ、勧誘活動だけでなくビジネス自体も辞める事になったそうです。
【市役所職員・公務員の体験談】
公務員はネットワークビジネスをやってはいけない?と多くの人が認識していますよね。厳密には、公務に差し支えない範囲で、上司の許可があればOKなようです。
ただ、上司にわざわざ許可をとってネットワークビジネスをするほどの変なリスクは取りたくない、と家族の名前でビジネス活動をしている人が多いそうです。
公務員は安定しているといわれますが、だからと言って、収入が劇的に高いわけでもなく、安定したプラスの収入を得るために、と日々副業を探しているという本音もよく聞きます。

ジャパンライフを上手くばれないようにする税金対策とは

会社にどうしてばれるのか?という部分を見てみましょう。
税金の額で会社にばれる事が一番多いパターンです。
住民税が収入に応じて変動するので、会社にばれる可能性があります。
住民税で額がばれないようにするには、会社からの納税ではなく、自分で住民税を普通徴収にすることで解決が可能。
会社へ、「自分の住民税を普通徴収する」と一言担当部署に申し出ることで解決。役所から納税所が自宅に届くので、額が会社にばれることなく、納税できます。意外と簡単に対策ができるものですね。

ジャパンライフがなぜ怪しいと言われてしまうのか?

なぜジャパンライフなどのネットワークビジネスが世の中で評判が悪く、怪しいといわれてしまうのでしょうか?怪しい、変だ、詐欺まがいだ、などと言われるため、会社にばれるかどうか・・と心配をしないといけない。変な話ではありますよね。

「ネットワークビジネス=怪しい」と思われている世の偏見がやはり、原因として一番大きいですよね。

●お金のために友達を勧誘するというイメージ

●強引な勧誘が怖いというイメージ

●買い込みさせられ借金する人がいると聞く

●友達を失うと言われる
ネット上にあるあらゆる噂に、不安を感じる人がおおいです。
実際、ネットワークビジネスの会社で、真面目に活動している人も多く、世の偏見でビジネス展開が上手くいかないと悩んでいる人も多いのが事実です。
偏見でビジネスチャンスを失ってしまうのも、辛い現実ですよね。

まとめ

ジャパンライフなどのネットワークビジネスが会社にばれる心配をして権利収入のチャンスを失うより、税金対策をしっかりと行い、不安なく思いっきりビジネスに挑戦出来れば、会社に頼る人生ではなく、自分らしい人生を実現することができますよね。